「ほっ」と。キャンペーン

パトラと私のシアワセ日記♪最近は旅行記が増えました。コメントは大歓迎です!掲示板かコメント欄からどうぞ(*^^)


by patora814
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:旅 2010 カリブ海クルーズ( 48 )

東カリブ海クルーズ、最後の記事ですemoticon-0155-flower.gif

はじめてのクルーズ旅行についてまとめてみました。
個人的な感想ですが、検討されている方の参考になれば幸いです。


1) 船の揺れについて
 よくいろんなガイドブックやパンフレットに「大型船は全く揺れません」と
 書いてあるのを目にしますが、誇張表現のような気がします。
 船ですから、もちろん揺れます。
 ですが、小さなボートに乗っている時のような小刻みな揺れではなく、
 大きな揺りかごに乗っているような大きな揺れ方です。
 また、海の状態が良いときやゆっくり進んでいる時は
 ほとんど揺れを感じることはありません。

 船内でも揺れを強く感じる場所とそうでない場所があります。
 船の前方、後方は揺れを感じやすく、船の中央部分は感じにくいようです。
 また、下階よりも上階のほうが揺れを感じやすくなっています。

 実際に乗ってみた感想としては、やはり船の中央部分が一番揺れを感じにくいでした。
 船の前方はやや強く感じ、後方はそれほどでもありませんでした。
 また、上階で揺れを感じた時であっても、メインダイニングのある下階へ行くと
 揺れが軽減された感じがしました。


2) 船酔い対策について
 毎朝、アネロンを1日1錠飲んでいました。
 飲み忘れた日以外、船酔いすることはありませんでした。
 また、揺れを強く感じた日は腕にシーバンドを着けていました。
 この効果は良く分かりませんが、精神的に落ち着いていたのは確かです。

 「あ、ヤバイかも...」と感じたら無理をせず、
 お部屋に戻ってバルコニーで横になるのがお勧めです。
 また、個人的には外が見えない場所にいると方向感覚が狂ってしまい
 揺れを強く感じて酔いやすい傾向がありました。


3) フォーマルナイトの服装について
 こちらで記事に掲載しております。
 ご参考までにどうぞ!


4) カリブ海の情報収集について
 日本語のガイドブックを探しましたが、あまりお勧めできません。
 というのも、地球の歩き方の1ページに紹介があるかどうか...というくらい少なく、
 寄港地によっては全く情報がないこともありました。
 個人的には、海外のガイドブック(英語)がお勧めです。
 Amazonなどで簡単に購入できますし、比較的簡単な英語で書かれていて読みやすいです。
 また、船内でも簡単な地図や街案内が配布されます。
 特に目的がなく街歩き程度であれば、それだけでも楽しめると思います。


5) バルコニーをつけるかどうか?
 船内での過ごし方によると思いますが、
 はじめてのクルーズでしたら、まずは「バルコニー付」がよいと思います。
 今回の旅においてもバルコニーで過ごす時間は本当に素晴らしく、
 とても思い出深いものになりました。特に、バルコニーで食べる朝食は格別です!


6) 英語の使用頻度は?
 多いほうだと思います。
 クルーズの旅では "コミュニケーション" も楽しみの1つなので、
 できればツアーではなく個人での参加をお勧めしたいのですが、
 もしも全く英語が話せないとしたら、この旅は辛いものになってしまう可能性も。。。
 船内の案内、船内新聞全て英語ですし、スタッフとの会話も英語。
 毎日変わるダイニングメニューも英語。船内で申し込む現地ツアーも英語。
 誰もがアジア人などおかまいなしに話し掛けてくるので
 テーブルメイトが外国人ばかりになってしまったら...
 もしかしたら毎晩の食事まで憂鬱になってしまうかもしれません。
 ですので、全く話せないのであれば、まずはツアー参加が無難だと思います。

 片言の英語を身振り手振りで話せるのであれば問題ありません。
 でも、英語を話せれば話せるほど、充実した旅になるのは事実です。
 私たちも今回の旅で自分たちの英語力のなさを痛感させられました。
 もっともっと勉強しなくてはならないですね。


7) クルーズをお勧めする理由
 今回の旅は、コミュニケーションで始まり、コミュニケーションで終わりました。
 とにかく船のスタッフは話し掛けてきますし、その場を盛り上げるのが上手です。
 また、船自体にふわっとした連帯感があり、船の一員になった気分にもなります。

 クルーズの旅、それには様々な旅の要素が少しずつ入っていると思うのです。
 人との出会いやふれあい、ビーチやプールでまったりする時間、
 寄港地に立ち寄ってショッピングや散歩、ツアーに参加して観光など。
 それぞれの旅の要素をいいとこどりしたような?凝縮したような?
 だからこそ、どんな人にも楽しんでもらえる旅の形だと思っています。

 その他にお勧めする理由として、
 移動の度にスーツケースの入れ換えをする必要がない、ということがあります。
 ヨーロッパを旅行される方であれば分かると思いますが、
 毎日のスーツケースパッキング、バスの長時間移動は想像以上に苦痛です。

 また、バスや電車での移動はただ座って景色を眺めるしかありませんが、
 船であれば、移動中も自分の好きなことをして過ごすことができます。
 ”旅をゆったり楽しむ”...それを叶えてくれるのもクルーズ旅行なんです。
 

最後になりますが・・・、
 セレブリティ・ソルスティスを紹介した動画で終わりたいと思います。
 このブログを読んでクルーズ旅行に興味を持っていただける方が
 少しでも増えてくれると嬉しいです。

 最後までお付き合いくださりありがとうございましたemoticon-0152-heart.gif


[PR]
by patora814 | 2010-06-02 22:38 | 旅 2010 カリブ海クルーズ | Comments(4)
以前、こちらの記事で書いたことの追記になります。
実際に乗船してみた感想です。


1) プールやバーなどが隣接していないか確認しましょう。
   特に、アクアクラス(以下AQ)のあるペントハウスデッキは要注意。
   ペントハウスデッキの真上の大部分をメインプール&ソラリウムが占めています。
   朝早くから掃除する音やデッキチェアを引きずる音が直に聞こえてくる部屋があり、
   そのことについての不満が散見されました。
   
   ↓感想
   プールのデッキチェアは毎晩、毎朝片付けられているようでしたので、
   もしかしたら、その真下にあるキャビンは朝と夜、
   チェアを引きずる音で悩まされるかもしれません。
   私のキャビン”1615”は、プールから2段下がった場所にありましたので
   もちろんそのような騒音は全く聞こえませんでした。
   また、プールでは毎日バンド演奏などがあり騒がしいでしたが、
   不思議とキャビンまで聞こえてくることはありませんでした。


2) 一番上のキャビンにする場合、飛び出た屋根がないか確認しましょう。
   船の中央~後方にかけて、バルコニーよりもその上にある施設が大きく設計されており、
   バルコニーに屋根が飛び出したように覆い被さっているところがあるようです。
   開放感は大幅に半減しますが、(よく言えば)日陰部分が増えることになります。

   ↓感想
   下記写真の→部分をご覧いただけると状況がお分かりになるかと思います。
   キャビン選びの際に参考になさってください。
e0160595_2295252.jpg


3) 船のスライド部分に注目!
   通常、船の尾部にある部屋はバルコニーが広く確保されていることが多いのですが、
   ソルスティスの場合、通常のバルコニーの広さと変わりないようでした。
   船の側面スライド部分の部屋にあるバルコニーはやや広めになっているようです。

   ↓感想
   こちらも分かりやすいように写真に撮ってきました。
   キャビン選びの際に参考になさってください。
e0160595_22101057.jpg
e0160595_22101676.jpg


4) 左側の部屋?それとも右側の部屋?
   実は、私も迷っていますが、レビューの多くに”左側がポートサイド(港側)”
   と多く書かれていたため、今回は左側の部屋を予約してみることにしました。
   港側であれば、入港&出航の風景を楽しむことができますよね。
   ただ、停船している間は、他の船が目の前に泊まっていたりするので、
   景色を望めない場合が多いような気がします(景色は他の船ということ)。
   (※参加されるコース(航路)によってポートサイドは変わると思われます。)

   ↓感想
   今回、私が選んだキャビンは船の左側でしたが、そのほとんどが港側でした。
   航路によってポートサイドが変わることや入港時にお部屋にいるとも限らないため
   あまり気にする必要はないかなぁ...と個人的には思いました。
   私自身、屋外のバーでお酒を飲みながら入港風景を眺めたり、
   レストランで夕食を食べながら外を眺めている時に出港したり...
   なかなか自分の部屋にいることがありませんでした(汗)


5) オットマン付きのラッキーなキャビンもある!? 
   バルコニー付客室のバルコニーには、基本的にオットマンは置かれていません。
   足が延ばせないタイプのチェア2つと丸テーブルが置かれています。
   ただ、調べていくうちに分かったことですが、オットマン付きのラッキーなキャビンが
   あるみたいなんです。スイート客室ではないのに!!
   公式サイトではオットマンの有無について表記されておりませんので、
   地道に外国の方のサイトを見たりし、そのキャビンを探すしかありません。

   ↓感想
   ごめんなさい。これは分かりませんでした。
   でも、なんとなくですが、コンシェルジュ以上のキャビンであれば
   オットマン付きであるお部屋が多いような気がしました。
   ご自身の予約をされる際に代理店に確認されることをお勧めします。


6)スイート特典について
   こちらは前回の記事にはありませんでしたが、
   キャビン選びに重要な情報があるため掲載することにしました。
   パンフレットやサイトに掲載されている特典(ウェルカムシャンパンなど)の他に
   エリート特典が利用できたり、スパエリアのサウナも使い放題でした。
   また、ラバディではスイート専用のビーチエリアが確保されていました。
   その他、細かいことですが、空きがあればアクアクラス専用のレストランBlueを
   チャージ5ドルで利用することができるようです。
   私たちも利用しようか迷っていて聞いてみたのですが、
   「好きな時間にレストランへ行き、空いていたらどうぞ!」という感じでした。

   
   次回は、クルーズのまとめですemoticon-0100-smile.gif
[PR]
by patora814 | 2010-06-01 20:31 | 旅 2010 カリブ海クルーズ
いよいよ最終日です。
ドタバタ、でもラッキーな日でしたemoticon-0155-flower.gif


朝7時台の飛行機でしたので、最終日は早起きしなければなりません。
前日にフロントでタクシーの予約をお願いしたのですが、
「予約しなくても電話で呼び出せばすぐに来るから大丈夫」
ということだったため、あまり気にせずに朝を迎えました。

が、これが大失敗!

タクシーを呼び出してもらってもなかなかこないのです。
ホテル近くにタクシー会社の事務所があるみたいなのですが、
やはり早朝ですから動いている車も少ないのでしょう。

結局、20分位待たされましたemoticon-0114-dull.gif

飛行機の出発時間もありますのでヒヤヒヤものです。
早朝に出発される方は前日に予約をしておくか、
朝起きてすぐにフロントに電話して呼んでもらっておくことが必要かもしれません。


ホテルから空港までは30分程度で到着emoticon-0148-yes.gif

ですが、今度はデルタ航空のチェックインカウンター前が長蛇の列!
デルタ航空はオンラインチェックインができるようになっており、
それを済ませた場合、当日の空港では荷物を預ける専用のカウンターへ行き、
そこで荷物を預けるだけでよいはずなのですが、なぜか荷物用のカウンターも
通常のチェックインカウンターに変わってしまっていました。

「何のためのオンラインチェックインなのよ!」と思い、係員に言ってみたのですが、
悪びれることもなく「この長蛇の列に並んでね~」と言われて、もうガッカリ。。
だったら、こんなサービス作らなきゃいーのに!

キーーemoticon-0132-envy.gif

また、「FLL→NY」をデルタ航空、「NY→成田」をANAで予約していたのですが、
荷物は成田までスルーにはなりませんでした。
カウンターの女性に聞くと、「他社便への乗継ぎの場合、乗継時間にかなり余裕がないと
成田まで荷物をスルーさせることはできない。」とのことでした。
っていっても、乗継時間は2時間くらいあるんだけど....。

しかたなく、一旦ニューヨークで荷物を受け取り、
その後、ANAのカウンターへ行って国際線のチェックイン!
プレミアムエコノミーへのUPは無理だろうな...と半ば諦め気味だったのですが、

運良く!!
一番前の2人席が空いていたーーemoticon-0169-dance.gif

でも、もしかしたら、ANA側があらかじめ確保してくれていたような気もします。
というのも、機内に入ってすぐ、CAさんが謝罪しにきたのです。
そうです。往路でのあのトラブルについてです。

なにはともあれ、格安のスーパーエコ割でこのVIP席に座り、
贅沢な空の旅でクルーズ旅行は締めくくられたのでした。

ホッ...emoticon-0141-whew.gif



一番前の席だったので、圧迫感が全くありません(嬉)♪
e0160595_23434628.jpg

大きな氷河の上を飛んでいます。ダイナミックな景色ですね。
e0160595_23435138.jpg

それにしても、機体の外はかなり寒そうです~!
e0160595_23435568.jpg


*飛行機チケットについて
[PR]
by patora814 | 2010-05-31 21:36 | 旅 2010 カリブ海クルーズ
私は大の甲殻類好きemoticon-0111-blush.gif
FLLでのディナーももちろんロブスターを希望emoticon-0152-heart.gif

「この辺で美味しいロブスターが食べられるレストランを聞いてきて~」と、
夫をコンシェルジュへ向かわせたのですが、
地図を片手に戻ってきた夫が、なぜかニヤケ気味・・・。

「グリルされたロブスターが食べたい」と伝えたところ、
相手に”Grilled Lobster”を”Red Lobster”と聞き間違えられてしまい、
日本にもあるRed Lobsterの場所を教えてもらって帰ってきてしまった様子。

なーにやってんだか。。。

(もちろん)もう一度出直してもらい、
河沿いの素敵なシーフード料理屋さんの場所を教えてもらった夫は
満面の笑みを浮かべて戻ってきましたとさ。

さぁ、苦労して知り得たレストランはいかに!?




ちょっと早めのディナーでしたので、レストランはガラガラ。
不安になりましたが、テラス席はとても素敵でした♪
e0160595_23392518.jpg

FLLはお金持ちが多いのか?個人所有と思われるクルーザーが多く行き交います。
こちらのレストランにボートでやってきたお客さんもいました(写真に写っているボート)。
なんだか自由な雰囲気がいいですね~~。
e0160595_23392986.jpg

Water Busも通りますし、
e0160595_23393385.jpg

こんな立派なクルーザーも何隻も目の前を通りました。
それにしても、このおじ様、腰に手をあててエッヘン!といった感じ(笑)
e0160595_23393740.jpg

肝心のお料理ですが、全体的に美味しかったです。
でも、やっぱり、日本で食べるものが一番かなぁ。

これは前菜で頼んだもの。
カニのすり身を丸めたようなもので、味はまぁまぁ。
e0160595_23394325.jpg

主人のメイン。
シーフードの盛り合わせ。
e0160595_23394919.jpg

私のメイン。
好物のロブスターちゃんです。
プリプリしていてとても美味しかったです。
e0160595_23395573.jpg

写真を撮ってもらえないか?とスタッフにお願いしたところ、
写真を撮るならあっちがいいよ。と河沿いの端のほうへ連れていかれる。
うん、なかなか雰囲気もいい!
e0160595_2340328.jpg



その後、ホテルへ戻ってバルコニーで寛いでいると、
何やら面白い広告を発見!
e0160595_23401390.jpg
e0160595_23401785.jpg




そして、ふと海のほうへ目をやると....



あっ!
e0160595_23402449.jpg

あっ!!
e0160595_23403050.jpg

あーーっ!!!
e0160595_23405237.jpg


ソルスティスが新しいゲストを乗せて出発したところでした。
お、置いてかないでーーー!!!

悲しい気持ちでいっぱいですemoticon-0106-crying.gif
[PR]
by patora814 | 2010-05-30 21:31 | 旅 2010 カリブ海クルーズ | Comments(4)
今回は、The Atlantic Hotelのオーシャンビューを確約emoticon-0103-cool.gif


お部屋に入ってすぐのホールに
e0160595_23364364.jpg

小さなキッチンもあります。
レンジもあるので簡単なものは作れそうですね。
e0160595_23364967.jpg

こちらがパウダールーム。ダブルボールです。
e0160595_23365435.jpg

アメニティはTAROCCOというブランドのもので
色から想像できると思いますが、オレンジの香りでした。
e0160595_2337810.jpg

バスタブはありますが、なぜかお湯の色が薄いグリーン色!
ホテル配管の問題なのか?それともFLL下水の問題なのか?
よく分かりませんが、気持ち悪かったのでアンケートに記入しておきました。
e0160595_23371374.jpg

別にシャワールームがあります。お湯の出など問題なし。
e0160595_2337186.jpg




さて、ベッドルームへ行きましょうemoticon-0100-smile.gif

今まで船内で過ごしていましたから、かなり広く感じます。
e0160595_23372459.jpg

不思議ですが、使い勝手がよいと感じたのは船のお部屋。
私たち夫婦はとても小さいので、45㎡前後が最も適した広さだと感じました。
この部屋は60㎡近くあるはずです。広いーっ!
e0160595_23372925.jpg

フカフカのベッド。寝心地マル○~!
e0160595_23373493.jpg





そして、お目当ての



オーシャンビューemoticon-0152-heart.gif
e0160595_23374547.jpg

チェアは角度が調整できて良いです。
e0160595_23375090.jpg

目下にはホテルのプールがあります。
e0160595_23381410.jpg

写真では見えませんが、プールサイドにはジャグジーもあります。
e0160595_23381957.jpg



今回通されたお部屋はとても景色のよい部屋でした。
真正面に海一面が広がる、まさにパノラミックオーシャンビュー!といった感じ!?
でも、”オーシャンビュー”というカテゴリーでもお部屋の位置によって景色が大きく異なります。
というのも、夕方、別のオーシャンビューの部屋に変更してもらったところ、
そこからの景色はここのものと大きく差があったからです。

はじめに通された部屋がコネクトルームになっていて
通常のお部屋よりも防音設備が弱く、隣室からの音が煩かったのです。。
隣室は子供が数人いたようでテレビボリュームがかなり大きく、
これじゃダメだな...と思い、思い切って変更してもらったのでした。
翌日は飛行機の関係で3時起きしなければならなかったので苦肉の選択です(笑)

クルーズ前泊はヒルトンマリーナ、後泊はアトランティック
とホテルを変えてみましたが、個人的にはヒルトンマリーナで十分でした。
まず、お値段が倍近く違いますし、ヒルトン周辺のマリーナも雰囲気が良かったからです。
この時期、フォート・ローダーデールの気温もそれほど高くなく、
またビーチも強風でリラックスできなかった...というのもあるかもしれませんが。。


次回は、

フォート・ローダーデールでのディナーの様子ですemoticon-0134-bear.gif
[PR]
by patora814 | 2010-05-27 12:38 | 旅 2010 カリブ海クルーズ | Comments(6)
ついに下船の日がやってきてしまいました...emoticon-0106-crying.gif


フォート・ローダーデールに到着です。
e0160595_22432744.jpg

一気に下船をすると混雑してしまうため、
あらかじめ集合時間と場所が決められています。
前日の夜、キャビンにその案内が届きます。
e0160595_22433190.jpg

あぁ...ついに船とお別れですね(涙)
e0160595_22433454.jpg

大きな船を横目に通路を進んでいくと、
e0160595_22433850.jpg

前日の夜に出した荷物が外に陳列されていました。

スーツケースなどの大きな荷物は下船前日の夜、
キャビンの外に置いておく必要があります。

よって、1泊分の荷物が入るようなバックがあると便利!
その日の夜に着るパジャマや下着、翌日に着る洋服など、
必要なものまでスーツケースに入れてしまわないよう注意が必要です。
e0160595_2243429.jpg

荷物をピックアップしてすぐにホテルへ向かいました。
それほど混雑することもなくスムーズに下船を終え、
タクシーもスムーズにキャッチすることができました。
港からホテルまではタクシーで約20分程度。

そして、到着ですemoticon-0155-flower.gif
e0160595_22441672.jpg

ホテルの入り口
e0160595_22442336.jpg

ホテル前にはビーチがあります。
e0160595_22451161.jpg

なんだか海外ドラマ "The OC" を思い出してしまいました。
e0160595_22451837.jpg

朝早くに到着したため、お部屋の用意はまだ整っていませんでした。
ですので、空きが出るまでビーチで過ごすことにしました。
e0160595_22452926.jpg

それにしても、すごく強い風!!
e0160595_22455211.jpg

ちょっと肌寒いくらいなのでお散歩が気持ちいいです。
e0160595_22455852.jpg

とても波が強いです。
ハトさん、波に飲み込まれないように気をつけて!
e0160595_2246582.jpg

私たちもしばしビーチでまったり...
e0160595_22461182.jpg

1時間くらいたったでしょうか?
運よく空きが出てお部屋の準備が整ったとの連絡がありました。
e0160595_22461977.jpg


次回は、

The Atlantic Hotelのお部屋をご紹介emoticon-0152-heart.gif
[PR]
by patora814 | 2010-05-26 23:19 | 旅 2010 カリブ海クルーズ
メインダイニングでいただく最後のディナーですemoticon-0155-flower.gif


私が選んだ前菜は、Silk Harvestお勧めの春巻き。
普通に美味しかったです。
赤いものは怖くて食べませんでした(汗)
e0160595_1629194.jpg

主人の前菜。
これ、何???私には分かりません...。
e0160595_1629543.jpg

私のメインはサーモン!
やはりお魚はハズレがないですね。美味しいです。
e0160595_1629997.jpg

主人はお肉。
うわぁー、こってりしてそうですねぇ...(汗)
e0160595_1629132.jpg

デザートは今日もお気に入りのアップルパイ♪
e0160595_16291769.jpg

主人はチョコレートケーキ♪
e0160595_16292199.jpg



今日で最後なので記念撮影emoticon-0100-smile.gif

私たちのテーブルを担当してくれたJaysonと(右)。
左の女性はいつもワインを選んでくれたソムリエの方。
e0160595_16293793.jpg

主人の両側にいるのはJoe&Jayson。彼らはとっても仲良し!
二人ともフィリピン出身で「フィリピンの海は最高だから来て!」と言っていました。
後ろにいるDevonはJoeのアシスタントをしていて、英語がほとんど話せませんでしたが
膝にナプキンをひいてくれたり、ソムリエを呼んできてくれたり、
私たちを常に気にかけてくれ、いつも気持ちよいディナータイムを過ごすことができました。
e0160595_16294116.jpg

私たちのルームアテンダントであるLorseno&Robertです。
常に部屋の近くにいるので、いつも忙しいバトラーよりもお世話になりました。
部屋を出る時は「今日も楽しんで!」、戻ってきたら「おかえり!」と温かく迎えてくれます。
e0160595_16294565.jpg



最後の夜なので、写真を購入しようとPhoto Shopへ向かいました。
すると、なんだかワイワイガヤガヤ人だかりができています。
近くへ行くと、ゲストみんなでアカペラを楽しんでいるようです。

船内では様々な場所でこうしたイベントが行われていたり、
カフェやバーの近くで小さなオーケストラがあったり、
それらを近くで鑑賞できることもまたすごく贅沢な時間でした。
e0160595_16301211.jpg
e0160595_16302297.jpg






何度撮ってもブレてしまうお月様...

明日は下船ですね。か、悲しいぃ~~emoticon-0106-crying.gif
e0160595_16302614.jpg

[PR]
by patora814 | 2010-05-23 17:00 | 旅 2010 カリブ海クルーズ | Comments(9)
今日は最後の航海日emoticon-0106-crying.gif


残念ながら、曇り・・・emoticon-0156-rain.gif
e0160595_1614941.jpg

最後の景色を眺めながら、
e0160595_1614193.jpg

最後の朝食。なんだか寂しい・・・emoticon-0162-coffee.gif
e0160595_16142453.jpg

ちょっと肌寒いのでソラリウムに直行します。
e0160595_16142977.jpg

メインプール周りを散歩していると、可愛いゲストを発見!
e0160595_16145077.jpg

海のど真ん中でちょうちょと会いましたemoticon-0152-heart.gif
e0160595_16145463.jpg

少し太陽が出てくると、ゲストも船内から出てきます。
e0160595_16154876.jpg

e0160595_16155458.jpg

メインプール前ではアジア人のお姉さんがダンスして歌を歌っています。
アメリカンポップスを歌うのですが、歌唱力抜群!
思わず立ち止って聞き入ってしまいました。
e0160595_1616034.jpg

主人はというと・・・!?

太陽が出た瞬間、外のデッキに飛び出して日焼けに専念。。。
e0160595_1616824.jpg

私は、ベネチアングラスショーを見に行って来ました。
開催時間は船内新聞をチェック!
e0160595_16164770.jpg

お隣りの芝生では輪投げやボール遊びをしている方がいらっしゃいました。
なんだか気持ちよさそうですねぇ。
e0160595_1617125.jpg

その後、お腹が空いてきたのでブッフェレストランへ行きました。

海を眺めながらランチを食べていると、
先日のSilk Harvestで仲良くなったNyomanが話し掛けてきました。
彼は、バリ人でジンバランに住んでいます。
バリへ戻っている時は現地のガイド(英語とフランス語)もしているようで
次、私たちがバリへ行くことがあれば自分がガイドするよ、とのオファー。
クルーズ船で出会ったNyomanとバリの地で再会できる日が楽しみでなりません。
e0160595_16184114.jpg

船はFLLへ向けてどんどん進みます。
e0160595_1618507.jpg

気づけばサンセットの時間。
雲は消え去り、クリアな空になっていました。
e0160595_16191315.jpg
e0160595_16192023.jpg
e0160595_16192762.jpg

あ、暑いよーー。
e0160595_1619359.jpg

あぁ、ここからの眺めも今日で終わりなんですね(泣)
e0160595_16194393.jpg



さぁ、最後のディナーの準備をしましょうemoticon-0168-drink.gif
[PR]
by patora814 | 2010-05-19 22:38 | 旅 2010 カリブ海クルーズ | Comments(14)
2度目のフォーマルナイトですemoticon-0168-drink.gif


こんなんなりました~~!

このドレスもネットで購入して、確か?6,000円程度。
ストールは、CAの友人にインドで買ってきてもらったパシュミナです。
格安のドレスですが、外国人の方にとても好評でした。

通りすがりのアメリカ人女性からは
「あなたのドレス、すっごく素敵!」と褒められるし、
ステートルームアテンダントのLarcenoからは「パーフェクト!」のお言葉!

外国人のツボを押さえたドレスなのかもしれませんねぇ。
e0160595_23131221.jpg


主人は....というと!?

探しても一人で写っている写真がありませんでしたので、
我がバトラーSinghと記念撮影したものを載せてみます。
e0160595_23132048.jpg


さて、ディナーの中身は...!?

まずは、主人の選んだ前菜。確かマグロです。
私は相変わらずシーザーサラダをチョイスしたので写真は省略。
e0160595_2313272.jpg

私のメインは、大好物のロブスターちゃんです。
このロブスターは美味しかった~!
e0160595_23133182.jpg

主人は、メインにチキンをチョイス。
e0160595_23133516.jpg

そして、デザートですが、私はアップルパイ!
このアップルパイ、めちゃめちゃ美味しいんですよ~。
すごく大きいのですが、ペロリと平らげました。
e0160595_2313393.jpg

主人は、チョコケーキ。
甘さ控えめで美味しかったです。
e0160595_23134245.jpg

そして、二人で記念撮影。
今年の年賀状で使おうかなーー。
e0160595_23134870.jpg

食事が終わって席を立とうとすると、
近くにいたスタッフが駆け寄ってきました。
「これからパレードがあるんだ。」

パレード???

何のことか分からないままテーブルに戻り、
コーヒーを飲みながらその時を待ちました。

そして、パレードがはじまったのです!

彼の言っていたパレードとは、
ダイニングのシェフやスタッフたちのパレードのことでした。
みんな、ナプキンを振り回して大盛り上がり(笑)
e0160595_23155661.jpg


動画もとってみました。
スタイリッシュなダイニングルームが、
ハイテクなライティング効果ですごく煌びやかな感じに...?
ワイワイ楽しい夜を過ごすことができましたemoticon-0100-smile.gif




次回は、

いよいよ最終航海日の記事になりますemoticon-0106-crying.gif
[PR]
by patora814 | 2010-05-16 13:48 | 旅 2010 カリブ海クルーズ | Comments(10)
前2回の続きですemoticon-0155-flower.gif


いや~ん、早く降りたい~!
e0160595_22501970.jpg

海水はグリーンでバスクリンみたいです。
早く飛び込みたい~~!
e0160595_22503274.jpg

そして遂に、
e0160595_22504484.jpg






上陸です!

e0160595_22343666.jpg







やっぱり、映画"ザ・ビーチ"の一コマみたい。
e0160595_22505110.jpg




ここにはゲストの数だけのチェアが用意されているので焦る必要なし。
ただ、足を伸ばせるチェアでなかったのがちょっと残念....!

チェアに座ってリラックスタイムです。
e0160595_2251298.jpg




しかし、




到着してから1時間経った頃でしょうか...

急に空一面が暗くなり、太陽が隠れてしまったのです。
e0160595_22511891.jpg


それからはもう大変!!!
[PR]
by patora814 | 2010-05-12 22:52 | 旅 2010 カリブ海クルーズ | Comments(6)